目指すは1up

目標は高く、意識は低く

心が冷え冷えなのではないか

先日図書館でグサリとくるタイトルに出会ったので借りてきました。まだ読んでいないのですが、読み終わったあとに何か気付きがあると嬉しい。

「特定の人としか、うまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」

前日にちょっと女の子と飲んできたのですが、まぁ話さない自分にビックリしました。話そうと思えば話題を出す用意はあったのですが、声に出さないという事態。他人が喋っていたり、相手の反応が明らかに悪いと「もうええか」と思ってしまうんですね。スイッチが切り替わったら、油切れのごとく動かないようで。

なんとかしようという熱い気概が全くなかったんだなぁ…と本のタイトルをみて思いました。会話だけは正直頑張りたくないと思ってしまうところはあります。

自分的には盛りあげる系のトークは嫌いで、淡々と話したいタイプなので場所を間違えている気もします。が、最初だけでも頑張れる土台を作らないとそうもいかないので、就活よろしくな対策が必須。感情のドーピング手段を見つけたいなぁ。

 

気づいたらもう年末になってしまいました。年度当初の目標とそれの経過を一回まとめる時間をそろそろ取りたいかな。

久々にものを売りました

アニメのBlu-rayが30やら50円とは辛い…と思いつつ売却。ゲオの店舗買取キャンペーンに期待して持っていたんですが、51円からというだけあって50円に抑えられてしまったのか?もうBlu-rayは買わないという決意を更に固くしました。

とはいえ、25点で8000円(キャンペーン増分込み)。ものが減ったので良しとしよう。家に置いてたら金銭的には0円だしね。

まだ決意の固まらないものが多々あるものの、服もだいぶ処分予定。現時点残すものだけでも、大物を除けば車に乗せて一回で運び終わるくらいの量になった気がする。まだまだ継続して物を処分していきたい。

もう一段階思い切りよく処分できるように気合が欲しい…

第二次断捨離

第一次戦で雑に要らないものをピックアップして、ひたすらものを売り飛ばしました。そんな中で発生する「もっと売ろうやないか…」という気持ちが第二次戦を引き起こしたため、昨日今日とピックアップしていました。

第一次戦は上澄み、雑に言うと普通に要らないものをメインに処分してきましたが、今回は少し痛みを伴いそうな部分。これ捨てちゃうんだ…と思いながら捨てたり売ったり。後はなんとなく手を出してなかった衣類。

おかげさまで部屋の密度が相当下がりました。ものを売るときの値の安さはほんとに勉強になります。買うという行為、とりあえず持っておくという行為の恐怖。

今回の売却益は約8500円、服はまだ売ってないですがよくても500円くらいな気がします。趣味の自転車用にサイコンを購入しますので、その費用に充てます!

壊れるまで使うであろうものにはしっかり投資した方がいい、というのは元々の考え方。今学んでいるのは使わなくなったときの行動。お金を貯めるのも使うのも大事だと思ってます。使い方を見直しましょうという学び。

一応第三次戦も開戦予定です(笑)厳選したところを更に減らしていきたいです。

終わりは始まりという真理

少し前までひたすら要らなそうなものを売りに出しては小銭を稼ぎ、満足をする生活を送っていました。とりあえず大体処分したな…と思ったのもつかの間、すぐにまた処分できそうなものを探し始めました。

働き蟻の法則ではないですが、結局要らないものを除いた中で処分できてしまうものってあるみたいです。自分の例では、ナナシスというコンテンツにハマっていました。これが冷めたらオタク終了かな…と思いながら楽しんでいたのですが、去年末スマホを変えたのを気にスマホゲーム全般やめたところ、ほどほどに冷めてしまいました。とはいえ、割と初期からやってたのでCDにも思い入れがあったり…なんとなく触れていませんでしたが、思い切って売ることにしました。

次回売るものを入れた袋に入れた瞬間は寂しさを感じましたが、昨日のことでありながらもう特に感傷もなくなりました。とりあえず本棚に漫画とBlu-rayが収まるようにアニメ趣味を減らします!その後は衣類かな。

第二弾をしっかり処分したら次は更に第三弾。限りなく少なく、豊かに生きる。最近読み終わった本のタイトルですが、目指したい生活。

趣味を捨ててまでシンプルを極めるつもりは毛頭ありません。ただ自分に収まらないものだけをしっかり取り除いていきます。

時間対効果は上がるか?

今日もいつも通り仕事をしていたらふと「なんでこんなことせにゃいかんねん」と思い立つ。とてつもない単純作業で「このままやってもつまらないしプログラム書こう」と。

作業的にはファイルを読み込んで、対象の文字をスネークケースからキャメルケースに書き換え、CSV形式文字列にすること。poiを使ったことがなかったため、ダウンロードからインストール、そしてコーディングに1時間ちょっと。できあがったらもっとコーディングでできる部分があることに気づき、更に1時間ちょっと。結局当初の範囲を超え、今までやってたことは全てツール化してコーディングができることが判明。

単純作業はこうやって人の手を離れていくんだねと思いました。90%くらいの時短になる気がします。後はコーディング分の時間をみんなが楽してください…

とりあえず無駄を省く、ものを減らす。そんな思考になってきました。ミニマムは目指していないけど、より少なく。最近ミニマリスト系ブログを読んでいますが、昔から思ってた部分で共感することが多いです。実践できない自分も頑張りたいなと思わされます。

ときの流れはいとかなし

パソコンを持ってなかった10年前、バイトでお金ためて買ったSONYのNETJUKEをハードオフで売ってきました。8万円くらいした気がしますが、300円でした…

特に記録媒体系や一般生活に浸透してるものは値下がりがすごいですね!モノの劣化もあり、規格の変化もあり…オーディオインターフェース(2000)やマイク(1000)に完敗しました(笑)

買って使って置いておくと、モノの価値は大体1/10くらいになると思うと、もう押入れの奥に大切に(笑)保存しておくというのはないな〜と思います。押入れに入れる前に要チェック!それいる?用途はある?

そんな感じでぼちぼち売りまくってます。身軽になりたいというのが強いですが、掃除する労力を惜しみたい面倒くさがりなのが本質です。

しかし、売ってるものは日の当たらないものばかりなので部屋が寂しくなった感じがしません。はやく寂しくなりたい。

ものを買って持つムダさに気付く

最近とりあえず持ち物の処分を開始しました。といっても、本とCDがメインです。ある程度処分できたら、大物を処分していきたいです。

とりあえず持っとこうと思うものって、大概要らないんですよね。"とりあえず"とかいってる時点で、興味がないのは当たり前なんですが。この"とりあえず"って無意識のパターンが多いんですよね。読み終わったら本棚に入れるとか、部屋の収納ボックスにいれたり…

自分の場合、ちょっと興味があると本を買って読んで、ダンボールにすっと入れて。気づいたら5年近く経っていたりします。その間、掃除したりして収納場所を変えたりしました。なければその時間分だけ楽ができてたなぁ。

先週から買い取りに持っていってますが、やっぱりリセールバリューもなく。3000円で買ったものでも100円でいい方なのかな、約3%…冷蔵庫で食べ物腐らせるのと同じですよね。

危機感を覚えたので、今放置されてる本を改めて読んで要る本を精査中です。今のところ、読んだ本全部処分対象です!

しまったのに要るものはそうそうないというお話。